お問い合わせは
025-523-2131

看護師募集

病院見学・説明会

親しみのある街角病院で地域に根ざした医療、看護を一緒に目ざしませんか。
患者様の日常生活を大切にした質の高い暖かいケアに取り組んでいます。
老年看護・リハビリ看護・認知症看護・外科看護・緩和ケア等
興味のある方、じっくり看護に取り組みたい方大歓迎です。

病院見学説明会の案内

日時 随時行います(事前の連絡をお願いします)
場所 上越地域医療センター病院
内容 ・病院の概要
・看護部の概要
・病院内見学
・給与・福利厚生等説明
お申込み 事前に電話でお申込みください
電話:025-523-2131
担当:看護部長 藤本智恵

学生のみなさんへ

Staff's Voice病院中で聞いてみました

当院の良いところはどこですか??
  • 各部門の垣根が低くてなんでも相談できるところがいい。
  • 急性期病院からも頼りにされていて、地域に根差しているところ。
  • 開業医や施設にとっても相談しやすい病院だと思う。
  • スタッフの数が充実していて、中規模の病院だからこそ職員同士で顔の見える関係が築けるところが良いです。
  • 地域密着度が高いので、患者様とスタッフの距離感が家族的です。患者様とじっくり向き合うことで、自ずと各コメディカルの連携も深まると感じています。
  • 職員が患者様に寄り添っていて優しいと思う。全員が心がけて行動しているのを実感します。
  • 医療の現場はとかく急性期が注目されるけど、回復期以降は長い道のりで患者や家族にとって重要な時期になります。その関わりをしっかりできるところが当院の強みだと思います。
看護師の姿は皆さんにどんなふうに映っていますか??
  • 患者の情報収集が素早く、また良質なので退院に向けた環境調整がしやすく大いに助かっています。
  • 看護師の正確な患者状態観察の報告が、薬効評価に繋がっていると実感することが良くあります。
  • 退院調整の困難事例を相談し、一緒に考えて解決の糸口を見つけています。お互いの強みを生かした、いい連携が出来ていると感じています。
  • 食べることを難渋している患者様に対し、医療チ-ムとして一緒に問題点を探し出し、工夫し「食べられるようになって退院する」という成果を得る時は大変うれしいです。
  • 外泊や退院を支援するには、患者さんの正しいADLの評価が必要です。緩和病床でも回復期リハビリ病棟でも、常に看護師と情報交換しています。
  • お互いの仕事内容を知り、助け合うことが出来ていると思う。
  • 外来で患者さんに駆け寄って接する看護師を見ると、患者様一人ひとりをよく見ているなと感心します。
  • 診療報酬の学習会では意見交換をし、お互いの役割と制度の仕組みを確認し合っている。

Nurse's Voice新人看護師Mさんのある日の1日

新人看護師Mさんは、先日1年目最後の研修で症例報告会も終了しました。日勤での業務もこなせるようになり、夜勤のシフトも組まれています。病棟における1日を、レポ-トしてもらいました。

  • 8:30申し送り
    夜勤者から朝までの状態を聞きました。本日の治療と看護スケジュールを確認しました。
    患者さんに挨拶した後、状態の観察をしました。また、困っていること、辛いことがないかお話を聞きました。
    Aさんはいつもより笑顔が少なく気になりました。先輩に相談したところ、バイタルサインは異常がないので様子をみることにしました。
    Bさんの12:30からのインフォームド・コンセントにご一緒することを、了解していただきました。
    Cさんは点滴の指示を実施しました。
  • 12:00食事介助
    Bさんは、離床指示が出ているので、気分転換もかねてディル-ムに車椅子で移動し食事をしました。
    コロナ対策で患者さん同士向き合わない工夫がしてあります。それでも病室から出たBさんには笑顔がありました。
    Cさんは一人で食べられないので援助し、食後の口腔ケアも行いました。飲み込みずらそうだと先輩に話したところ栄養士に相談するようアドバイスをもらいました。
  • 13:00休憩


    毎朝、お弁当を作っています。
    先日、先輩から教わった簡単レシピです。
  • 14:00カンファレンス


    患者さんの看護計画の評価、修正を行いました。
    午前中に修了したBさんのインフォームドコンセント内容を情報提供をしました。
  • 14:30ラウンド
    午後からの観察や処置を行いました。Aさんがやはりだるそうにしていて、体温を測ったら38.5℃ありました。
    先輩に報告したら、他の症状を確認し医師に報告が必要だと言われ、一緒に観察してもらいました。
    血液培養の指示が出ました。以前、1度見学したことがありました。PCで手技確認をし、物品準備から実施まで先輩と一緒に行いました。
  • 16:30申し送り
    患者さんを観察した状態や行ったケアの記録をします。
    夜勤者に患者さんの状態を送りました。
    解熱剤の使用時間から、解熱時間の予想を立てている先輩に感心しました。
    また、本日の振り返りで朝からAさんの「なんとなく違う」に気付けたと褒めてもらって、とっても嬉しかったです。
  • 17:15帰宅
    帰宅途中に気になるフィットネスクラブを見つけました。コロナが落ち着いたら通いたいと思います。
    今日は、寝る前にスマホでもう一度血液培養の手順を確認してから寝ます。
    ※院内看護手順はナ-シングメソッドというWebサイトを当院仕様にしてあり、病院PCや個人スマホでどこでも見れるようになっています。

Nurse's Voice新人看護師の今(2020.3卒業)

Nさん

 働き始めてあっという間に1年が経過します。入職した当初は臨床の現場に圧倒される毎日でした。1年を通した新人研修があり一人ひとり丁寧に指導を受け、看護技術の向上も実感できます。それでも、次から次へと自分への課題が出てきて落ち込んだ時期もありました。そんな時は、プリセプタ-を中心に頼れる先輩達が成長出来るように声をかけていただきありがたかったです。他職種と情報共有しながら患者様に合った医療・看護を提供する事にやりがいを感じています。確かな知識と技術を習得し、患者様の立場に立った思いやりのある看護師を目指しています。

Tさん

 期待と不安を持って就職しました。すぐに、臨床現場では責任の重さに不安が大きくなりました。私は親元を離れ一人暮らしをしています。コロナ禍にあたり家族にも友人にも会えず寂しい気持ちでいっぱいでした。でも病院ではプリセプタ-が優しく声をかけ丁寧に業務を教えてくれてホットしました。また業務以外でも話を聞いてくれアドバイスや励ましの言葉をもらいました。挫けそうなときも支えてもらいました。今できることが増えるにつれ自信に繋がっています。早く一人前の看護師として働けるよう励んでいきます。

Hさん

 以前祖母が当院に入院した際に、祖母に対する看護師の対応が丁寧で、こんな職場で働きたいと思い就職しました。コロナ禍で研修も心配でしたが予定通り行われ参加することが出来ました。また、病棟の先輩は相談しやすく助けて頂いてます。最近心に残った事は、回復した患者さんが1か月ぶりに食事をして笑顔で「美味しい」といった事です。あんなに辛い顔だった患者さんがこんな素敵な笑顔になれるお手伝いができたと看護師になってよかったと思えました。まだ、時間管理が上手くいかず、落ち込むこともあります。そんな時は同期に相談したり周囲の方のアドバイスで前を向くことが出来ています。

Iさん

 上手くいかない事や知識不足を感じるとこはありますが、先輩たちの的確な指導をうけ日々学びを深めています。患者さんご家族との関わりを通して看護師の責任の大きさを感じていますが、患者さんご家族の笑顔や感謝の言葉に励まされて乗り越えてきたと感じます。勤務の始めの挨拶にまわった時、「あんたが来てくれてよかった、うれしい」と言ってもらえてとても嬉しくなりました。患者さんに寄り添える看護ができるようになりたいと思っています。

Staff's Voice新人看護師に聞きました

休みの日は何している??
  • カフェでお気に入りのカフェラテを買って、ゆっくり飲みながら勉強します。
    ちょっとオシャレで気分が乗るんです。
  • Youtubeで動画を見たり、音楽を聞いたり、とにかくリラックスしてますね。
  • 友達とオンライン飲み会もやりました。
最近の自分へのご褒美はありますか??
  • 頑張った日のコンビニスィ-ツです!
  • 夜勤明けのハーゲンダッツはプチ贅沢でたまりません。
  • ミニチュアボックス買っちゃいました。小っちゃい絵の具とかクレヨンとか見てると癒されます。

本当は旅行や祭り、大きなイベントへの参加など、余暇も楽しんでいる姿を載せたかったのですが・・・
新人看護師は、注射も夜勤もできるようになり頑張っています。
毎日、元気に素敵な笑顔を見せてくれます。
概要・教育は他のぺ-ジに掲載してありますのでぜひご覧ください。

ご覧になり、お聞きになりたい事がある方はホームページ「メールでのお問い合わせ」に
書き込みいただければ担当者からご返信いたします。
お電話でもお答えできます。ご利用ください。
採用考査の内容日にちは決定次第修正いたします。

看護部の概要

看護部の概要

上越地域医療センター病院の看護部の紹介をしています。

教育体制

教育体制

新人にはプリセプターを中心に全員でサポート。また現任教育は専門職である個人の成長を組織的に支援しています。

ナースの日常

ナースの日常

現任スタッフの生の声をお届けします。ギャラリーでは日々の院内での風景を写真でご紹介。

PAGE TOP