上越地域センター病院 医師採用サイト

お問い合わせは 025-523-2131

各科の案内

上越地域医療センター病院家庭医療後期研修プログラム

新潟県上越市は人口20万の中都市です。しかし面積の約6割が山間部で、過疎地域の指定を受け ています。当院は市が開設者、指定管理者が上越医師会の197床の病院で、1,2次の医療を担 うとともに、診療所の後方支援病院ならびに回復期リハビリテーション病院として機能している病 院です。医師不足が顕著な当地域において、地元に根ざし総合力を有する家庭医を育成することが 当院の使命の一つでもあると考えています。

概要

地域の住民に包括的な医療を継続的に提供し、疾病予防やヘルスプロモーションを実践できる家庭 医養成を目的とします。また、研修修了者は日本プライマリケア連合学会の実施する専門医認定試 験を受験し、家庭医療専門医の取得をめざすことを念頭においています。

一般目標

家庭医療の専門性について理解し、家庭医として実践していくために必要な知識・技術・態度・価 値観を習得することができます。

個別目標

  1. 家庭医療の専門性(患者中心・家族志向の医療を提供する能力、包括継続的効率的医療を提 供する能力、地域をケアする能力を理解し実践できる)
  2. 外来診療(系統的な問診技術・身体診察方法を修得し、common disease を中心に豊富な臨床 能力を身につける)
  3. 訪問診療・在宅医療(患者とその家族のニーズに応じて、地域の介護福祉資源を効果的に利 用しながら自宅での生活を支援できる)
  4. 終末期のケア(末期患者とその家族に対して、身体的・精神的・社会的なケアマネジメント を実践できる)
  5. 救急医療(Basic/Advanced Life Support とその後の対応が実践できるようになる)
  6. 地域医療(地域の医療福祉資源を把握し活用できる。また地域の疾病予防・健康増進活動に 参画することができる)
  7. 病診、病病連携(各科専門医の専門性を理解・尊重し、連携体制の下で患者の診療にあたる ことができる)
  8. 医療倫理(医療倫理の知識を習得し、それに基づいて自らの行動規範を考える。Informed Consent を実践できる)
  9. EBM(EBM:Evidence-Based Medicine を理解し、日常診療の場で実践できる)

詳細

上越地域医療センター病院家庭医療後期研修プログラムの詳細はこちらをご覧ください。

PAGE TOP