糖尿病教室「たっしゃ会」

医師募集

看護師募集

出張講演

訪問看護のご案内

自治医科大学地域医療後期研修プログラム 地域研修医療機関認定病院

当院では、糖尿病教室を開催しています。この会では、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士などの専門スタッフが病状の説明や食事療法、運動療法等の指導を行います。1回の時間は約2時間くらいです。日頃、疑問に思っていることを質問したり、お友達をつくってお互いの話を聞いたりすることで、不安や悩みを解消し、はげましあう会にしたいと思っています。

糖尿病の患者さん、その家族の方、糖尿病に関心のある方など、自由に参加できます。
ぜひ、お気軽にご参加ください。

次回の予定

次回決定しだい、ホームページなどで告知いたします。

参加費用

外来や入院して糖尿病の治療をされている患者さんには、実施する内容によって集団栄養食事指導料を算定させていただきます。

申し込み方法

内科外来に申し出てください。

前回の開催内容

糖尿病教室「たっしゃ会」お花見会
H30年4月10日(火)12:30〜14:30開催

 

毎年恒例のお花見会が今年も行われました。
予想より早く桜が開花したため、この日は桜の花びらが少し散り始め、満開の桜の木の下での開催にはなりませんでした。お天気に恵まれたものの風が冷たく、残念ながら屋内での開催になりました。
参加者は、患者16名、スタッフ10名でした。

まず始めに、この4月から当院に地域包括支援センターが開設され、宮川センター長より支援センターについてのお話がありました。75歳以上の高齢者が、2025年にピークとなるため、安心して暮らせるような体制「地域包括ケアシステム」を分かりやすく説明してくれました。当支援センターが包括するエリアと65歳以上の生活支援センターであること、対象外でも気軽に相談できるとのことでした。皆さん安心した表情でしっかりとお話を聞いておられました。

そして、次に皆さんでお花見弁当を食べながら、久々の再会に会話も弾み楽しい時間を過ごしました。満腹になった所で、次は当院の患者でもある山岸夫妻が歌とギターとハーモニカ演奏してくださいました。奥様は曲に合わせカホーン(太鼓みたいな感じ)演奏、旦那様はギターを弾きながらハーモニカ演奏をしたり、ギターを弾きながら迫力のある歌声を聴かせて頂きました。最後の曲、北島三郎の与作で♪ヘイヘイホー♪と皆で
声を合わせ大合唱。合間のMCも楽しかったです。山岸夫妻ありがとうございました。

その後は、都道府県クイズ・・・社会福祉士の新・体操のお兄さんによる頭と体を使った体操・・・と体も頭もスッキリし、最後は、参加者・スタッフと病院敷地内の桜を観ながら散歩し終了しました。とても有意義な時間でした。
たっしゃ会スタッフ一同、皆さまに感謝です。ありがとうございました。

次回は、9月の勉強会の予定です。
多くの皆さまのご参加を心からお待ちしています。