放射線科

医師募集

看護師募集

出張講演

訪問看護のご案内

自治医科大学地域医療後期研修プログラム 地域研修医療機関認定病院

放射線科は、MRI撮影装置・CT撮影装置・マンモグラフィー撮影装置・骨密度測定装置・X線TV撮影装置等、高診断装置を配置しております。頭部・胸部・腹部・乳房・骨撮影をはじめ、造影剤を使用しての消化器・選択的連続血管などの撮影が可能です。画像は高精細デジタル処理され、院内ネットワークにより配信、モニターによる診断をおこなっております。

MRI撮影装置

強い磁石と電波を利用して体の内部の状態を画像にする検査です。MRI検査では、自由な方向からの画像を得ることができるので、病気・疾患を様々な角度から診断できる利点があります。CT検査と違い骨や体の中のガスなどによる影響を受けにくいので、骨に囲まれた脳や脊髄などの診断に威力を発揮します。また、放射線による被爆を心配する必要はありません。当院のMRI撮影装置は、一般に使用されている中で最も強力な磁場と最新のデジタル処理により高精細画像が得られる様になりました。また、寝台の周囲を広く開けた装置となっていますので、従来と比べ圧迫感を感じることなく検査を受けることができます。

全身用CT撮影装置

16列マルチスライスCTは、X線管球を連続的に回転させながら、患者様を移動させることにより、短い時間で輪切りの画像を撮影することができます。痛みを伴う方、造影剤を注射しながらの撮影にも、短い時間で撮影が終わる為、患者様になるべく負担を掛けない装置です。
画像は最新のデジタル処理により高精細画像が得られる様になりました。

その他の検査機

   

マンモグラフィー撮影装置

質の良い軟X線とデジタル画像処理により高精細画像で、微小な乳がんの診断が可能です。

 

骨密度装置

痛みもなくベッドに横になり、簡単に測定できます。

 

DR機能付X線TV撮影装置

造影剤の流れを見ながらの消化器撮影、腹部領域の選択的連続血管造影もできます。