委員会活動

看護師募集

携帯サイト

医療安全管理室

医療安全管理室とは、患者さまに安全で質の高い医療を提供することを目的として設置されています。
医療安全管理室では、患者さまが安心できる医療環境を整え、医療事故を防止するだけでなく、患者さま・ご家族・職員すべての安全を確保し、医療の質を保証するために活動しています。

専任医療安全管理者
丸山雅子

活動内容

  1. インシデント・アクシデント報告書およびシステム管理
    事例の収集、集計、分析、調査、改善策・再発防止策の検討をします

    ※インシデントとは…医療現場において患者に悪い影響が発生することはなかったが、事象によっては簡単な処置が必要だった事例(ヒヤリハット)
     アクシデントとは…医療事故。医療者の過失の有無を問わず、患者に悪影響を及ぼし、新たな治療が生じたり死亡となった事例
  2. 院内ラウンド
    医療安全管理者は、定期的に院内を巡回し、情報収集と実態調査・確認を行い、部署の改善を検討・指導します。また、業務改善が実行されているか確認を行います
    各月のテーマを決めて、月1回医療安全推進委員とともに巡回・評価・指導も行っています
    医療機器安全管理者は、医療機器安全確認のため定期的に院内巡視しています
  3. 医療安全に関する職員教育
    医療事故防止のために全職員を対象に、医療安全研修会の企画・実施し、職員の安全管理意識の向上、啓蒙・啓発に努めています
    ロールプレイングや実際に機材を使用しての事故想定訓練を計画し実施しています
    BLS・AEDの実践訓練など

    リハビリ室にて患者急変時の対応
    (AED使用訓練兼ねる)

    人工呼吸器の勉強会
    呼吸器を触ってみましょう

  4. 医療安全管理委員会、関連委員会の実施
    毎月1回、医療安全管理委員会を行います
    毎週1回、インシデント報告内容についてカンファレンスを行います
    そこで、院内で起きたインシデントについて情報の検討、伝達を行い、病院内での情報を共有します
  5. 医療安全推進月間・週間の企画、実施
    医療安全に対する意識を高めるため、毎年テーマを決めて、内容に沿った安全実施行動を行います
    過去に実際に行った内容
    その1
    指さし確認!推進週間』と題して、名前や指示の指さし、声出し確認の徹底を目指しました

    その2
    院内の掲示物の見直しをしました

    その3
    通年したいところですが…
    5S対策 環境整備
    各部署で取り組んだことをポスター掲示しました
  6. 医療安全ニュースの発行
    不定期にリスクマネジメントニュースを作成、配布し、職員間での情報共有を図り、情報発信することで医療安全管理室の活動の『可視化』に努めています
    院外からの医療事故に関する情報についても発信しています
    内容は、院内研修の内容、職員間で周知してもらいたいこと、インシデントから検討し統一した対応など様々です
  7. 接遇の関する対応
    患者アンケートや患者さまからの意見を基に情報の共有、改善策の検討を勧めます
    職員研修の企画、実施

    『患者様の心をつかんで離さない接遇法』
    1.医療スタッフ全員の第一印象の向上
    2.接客態度のレベルアップと、仕事への
    モチベーションアップ

    ディズニーアカデミーにて
    ホスピタリティーマインドを
    学んできました
    一例ですが、いろんな研修を行っています

  8. 患者相談支援窓口
    患者さんやご家族からの医療に関する相談や支援を行っています
    ご相談の際には、地域連携センターへお問い合わせください
    詳しくは、ココをクリック

医療安全のための患者さまへのお願い

医療安全では、安心して医療を受けられるよう安全な環境づくりに努めています。
わからないこと、ちょっと変だなと思ったら、遠慮なく職員に声をかけて下さい。
そこで、患者さまに以下のお願いがあります。

  1. 当院では、患者誤認防止のために、様々な場面で患者様の名前を確認します。
    外来受付や診察時、病棟でなどお名前を伺ったり名乗っていただくことがあります。
    入院時、リストバンドを付けていただいています。注射や検査、処置の際には必ず確認していますが、ご協力をお願いします。
  2. 手術を予定されている方へ
    服用されている薬の中に血が止まりにくくなる成分が入っている場合、手術の前に中止する必要が出てきます。他の病院で処方されている薬を含め内服薬がある場合、外来受診時に主治医にお問い合わせください
    検査によっては、同様に止めなければならない薬があります。
  3. 自分の薬は、自分の目で確かめてください
    薬をもらったら袋や容器に自分の名前が書いてあるか確認して下さい
    点滴注射のボトルには、自分の名前が書かれていますか?私たちは、間違わないよう注意して行動していますが、患者のみなさまもご自分の名前を確認して下さい
    いつもと同じ薬や点滴注射であるか確認し、疑問に思ったら確認して下さい
    薬の名前、服用時間(注射時間)、回数、量、飲み方(使い方)、効果、注意点など、主治医、看護師、薬剤師などに説明を聞いて下さい
  4. 転倒、転落など危険を防止するために
    病院の環境は、自宅や生活していた環境とは異なります。また、運動能力の低下や体力の低下に伴い、ベッドや車椅子からの転落、歩行時の転倒などの危険性があります。
    体調によりなんとなく心配な時や、今までに転んだ経験がある方は、遠慮なくスタッフに声をかけて下さい。
    入院される方で特にリハビリをされる方は、スリッパなどではなく、履きなれた靴やリハビリ用の靴を用意して下さい
  5. 暴言・暴力おことわり!
    他の患者さまや病院の職員に対し、セクシャルハラスメント、大声または暴言、暴力行為、脅迫行為などがあった場合は、診療をお断りすることがあります。
    当院では、患者さまの安全を守るよう配慮して医療を提供しています
以上、患者さま、ご家族と共に、安全な医療を目指してまいりますので、ご理解とご協力をお願いします