病院のあゆみ

医師募集

看護師募集

出張講演

訪問看護のご案内

自治医科大学地域医療後期研修プログラム 地域研修医療機関認定病院

当院は、明治41年に陸軍第13師団が高田に駐屯すると同時に衛戍病院として創設されました。昭和13年2月に高田陸軍病院と改称、終戦に伴い昭和20年12月1日に厚生省に移管され、国立高田病院となりました。
国立病院・療養所の再編成計画にともない、上越市が国立高田病院の移譲を受け、地域医療の継続充実を図るため「上越地域医療センター病院」として平成12年3月1日に開設し、その運営を社団法人上越医師会に委託しました。
施設、設備、医療機能を継承し更に充実発展に努めるとともに、高齢社会に対応して療養病棟の設置、リハビリテ−ション機能を整備して参りました。

平成12年 3月 1日 上越地域医療センター病院開設
平成14年 3月31日 北病棟(結核病棟)開棟
平成14年12月 1日 リハビリテーションセンター開棟
平成15年 3月31日 南病棟(療養病棟)開棟
平成16年10月 1日 肛門外科開設
平成20年 4月 1日 結核モデル病棟開設
平成21年 5月 1日 回復期リハビリテーション病棟開設
平成23年11月 1日 在宅医療支援センター開設
訪問看護事業開始
平成24年 4月 1日 訪問看護ステーション開設
平成24年11月 1日 緩和ケア病床(18床)開設
平成27年 4月 1日 居宅介護支援事業所開設
総合診療科開設

写真であゆむ病院史

明治41年撮影
今から100年前、陸軍第
13師団の衛戍病院として創設された当院の原点というべき写真です。「衛戍」は「えいじゅ」と読み、"軍隊が常時駐屯して警備すること"、「衛戍病院」は"旧陸軍で衛戍地に設けていた病院"と辞書にあります。
昭和39年頃撮影
上の創設時の建物と同じようですが、初めての航空写真です。国立高田病院の初期の頃で、青田川など病院周辺の地形は現在と殆ど変わりません。
昭和58年11月撮影
衛戍病院から昭和13年
2月に高田陸軍病院と改称、終戦に伴い昭和20年12月に国立高田病院となりました。
昭和31年から病院建物整備(増改築)が順次行われ、昭和54年7月に外来管理治療棟が竣工され、現在の病院の原型が完成しました。
平成14年4月撮影
平成12年3月1日上越地域医療センター病院開設。写真は従来の建物に北病棟が新設されたもの。内装もリニューアルされ、一新しました。
平成17年5月撮影
平成14年12月に南側の敷地に新館(リハビリテーションセンター、療養病棟)が竣工され、現在の病院が完成しました。
現在の病院正面