病院長挨拶

医師募集

看護師募集

出張講演

訪問看護のご案内

自治医科大学地域医療後期研修プログラム 地域研修医療機関認定病院

上越地域医療センター病院のホームページにようこそ。

 当院は明治41年に陸軍第13師団の衛戍(えいじゅ)病院として創設されて以来、昭和13年2月に「高田陸軍病院」、昭和20年12月に「国立高田病院」と名称を変え、平成12年3月1日に現在の「上越地域医療センター病院」が創設されました。国から上越市に移譲され、上越医師会が指定管理者となり、地域の医療福祉行政を行う市・地域医療の第一線を担う地元医師会・そして病院が三位一体となり地域に密着した医療を展開していこうとするものです。
 病床数は一般病床142床、回復期リハビリテーション病棟55床(計197床)を有し、診療科は内科、総合診療科、外科、肛門外科、整形外科、リハビリテーション科で、平成14年12月に新設したリハビリテーションセンターは施設規模、スタッフ数ともに上越地域最大を内外に誇るものであります。また、平成24年4月より訪問看護ステーションを新たに開設し、訪問リハビリテーション、訪問診療と併せて『在宅医療支援センター』を院内に新設しました。これからの超高齢化社会に対応して病院機能を活用した在宅医療への取り組みです。さらに今年度から居宅介護支援事業所を開設し体制の強化を図っていきます。一方、平成24年11月より18床の『緩和ケア病床』をリニューアルオープンし、上越医療圏の中で入院あるいは在宅での緩和ケア医療に積極的に取り組んでいます。
 当院は地域での100年余の歩みを基盤に“生活密着型の病院”であるという自負を持ちつつ、@日常的疾患に対し最新の標準的医療を身近に提供できる「かかりつけの病院」として、A急性期病院・在宅医療・介護施設のちょうど真ん中に位置する地域医療連携の要として、B病院機能を活かした在宅医療支援と緩和医療の実践病院として、C予防から回復・生活維持期まで充実した「リハビリテーションセンター病院」として発展していきます。
 時代は移ろい医療情勢も変化していきますが、病む者とそれに応える者との関係は今も昔も変わりありません。トップページの病院名の左肩に”For the others”と銘打ってありますが、「誰かのために」役立ち、患者さんやご家族から「ありがとう」の言葉をいただけることが病院にとっての純益と心得たいと思います。
 今後とも当院が地域の病院として健全に機能し発展していくために、暖かくご支援いただきますよう宜しくお願いいたします。

2015年4月   石橋 敏光 記

病院長 プロフィール

病院長 石橋敏光


昭和59年 東京医科大学 卒業
平成4年 自治医科大学大学院 卒業
平成10年 デンマークRigshospitalet留学
平成12年 自治医科大学消化器一般外科講師
平成14年4月 当院外科医長
平成16年4月 当院副院長
平成17年4月 現職

医学博士、日本外科学会認定医、同専門医、同指導医 日本消化器外科学会認定医、同専門医、日本医師会認定産業医、介護支援専門員
専門:肝・胆道外科、肛門外科、乳腺外科